つくってみよう! ケロミン・ゴーグル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各部の名称

 それぞれのパーツは、以下の単語で説明しています。名称


スポンサーサイト

型紙

 A4サイズのPDFです。

(1)pattern1.pdf
(2)pattern2.pdf

  (1)は、ケロミン“初期型”“量産型”のフレーム型紙
  (2)は、コケロミンのフレーム型紙と、カップ(プラハット)の型紙

 ※ケロミンには、ぬいぐるみ作家さんの手による“初期型”と、工場による“量産型”があります。
ケロミン・ファミリー
 初期型は量産型に比べて、少し小顔みたいです。

プリントアウトに使う用紙は、普通紙より厚紙のほうが、作業がしやすいと思います。
 ここでは“紙厚:0.215mm 180g/m2”の用紙を使っています。


準備するもの

カップ×2
 すでに完成している“半球プラカップ”
 “つば”の大きさも、ちょうどいいので、このままカップに使えます。
カップその1
 東急ハンズにて入手しました。ケロミン用は球の直径が60φ(6cm)、コケロミン用は40φ(4cm)です。
 大きいほうは2コ1セットですが、小さいほうは1コ販売でした……謎です。


 手を加える必要のある“プラハット”
 “つば”が大きすぎるので、型紙を使って不用な部分を切る必要があります。
カップその2
 大きな手芸店にて、それぞれ10コ1袋で入手しました。
 商品名は“プラハットベース”で、ケロミン用は中(M)サイズ、コケロミン用は小(S)サイズです。


フレーム用の素材
 ここでは2mm厚のフェルトを使います。
素材
 お好みの色を選んでください。

 18×18cmの大きさで、量産型ケロミンのフレームが1枚とれます。
一般的な大きさのフェルト
 たぶん2mm厚のフェルトが一番、加工しやすいと思います。

フェルトに限らず薄い素材を利用される場合は、カップ穴の周辺を補強する必要があります。
 装着したとき、薄手の素材だと、ビローンと伸びちゃう可能性大です。
びろ~ん
 下に伸びてカップのフチが、はみ出しました……。


ゴムひも
 あごひもを通す穴の大きさより少し細いくらいのもの。
 (ざっくりいうと“中”くらい)
あごひもイロイロ
 最低でもケロミン用には30cmくらい、コケロミン用には20cmくらいの長さを用意してください。
 フレームに縫いつける場合は、お好みのゴムひもで、どうぞ~。


注意点

 ここで紹介しているゴーグルは、あくまで簡易版です。
 コンと軽くあたったくらいなら大丈夫でしょうけれど……。

 ガンッ! と強い衝撃には耐えられないと思います。

 ゴーグルを装着しても、ケロミンたちには優しくしたいですね。


道具紹介

 材料さえそろえば、わりと簡単につくれるゴーグルですけれど。
 便利な道具を使えば、さらに手間が軽減されます。

 ここでは、ゴーグルづくりで主に使用する道具を紹介します。
 道具にはいろんな種類がありますから、ひとつの例として参考になればと思います。


●ペン

 ・CD・DVDマーカー(ブラック)
  プラハットの切り抜き線を写し取る時に使います。
  ツルツルした面でもキレイに細い線が引けます。

 ・チャコエースII(紫)
  フェルトに型紙を写す時に使う“線が消えるペン”です。
  フェルトの面によっては見る見る消えていきます(笑)
  取り扱いに慣れていない場合は普通の油性マーカーをオススメします。

  ちなみに色の濃いフェルトに線を引く時は、こちらのペンを使っています。
 ・チャコエース ホワイトA


●ハトメ

 ・ファミリーツール 回転式穴あけパンチ
  4.0mmの穴をあけて、少し大きめのアイレット(ハトメ)をグイグイと入れて、ピッタリはめるようにしています。

 ・Crop-A-Dile(海外製品)
  アイレット(ハトメ)を穴にワンタッチで留められます。
  見つけた当初はアイレットにも数多くの色数があって、ハイテンションで入手したのですが……。
  最近は同シリーズのアイレットも店頭から姿を消しつつあり、
 「もしかしたら廃盤かも」
  と感じていたりします……orz

  最近は百円ショップでもハトメ用のツールを取り扱っているようです。
  新しく入手される場合は、他の製品をオススメします。


 この他にも、裁ちバサミや工作用のハサミ、カッターナイフ等も使いますが、それらは特に専門的な道具でもありませんので省略します。

 使いやすいと思うものを選んでくださいね。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。