つくってみよう! ケロミン・ゴーグル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2)フレームを用意

 まずは型紙をケロミンにあてて、ちゃんとフィットするか確認してください。
型紙を合わせる
 ※ほぼ合うと思いますが、もし、どうしても合わない(両目がちゃんと入らない)場合、真ん中で2つに切って調整してください。


 素材に型を写す
2_5.jpg
 ここでは、時間が経てば線が消える、手芸用のチャコペンを使用していますが、油性マジックを使っても、その面を裏にすればいいと思います。

 写し取った線にそって切る
切り抜き
 工作用のハサミでも切れないコトはないと思いますが、裁縫用の裁ちバサミのほうが使い勝手がいいと思います。


※あごひもは、穴に通す方法と、フレームに縫いつける方法もあります。
 穴に通す場合
 あごひもの穴も切り抜きます。
 クラフト用の1穴パンチが便利ですけれど、なければハサミで切り込みを入れて四角く切り抜く方法でもいいと思います。
 穴はハトメ等で補強することをオススメします。
 穴の劣化防止と、見た目がよくなります。
ハトメ
 (ここではペーパークラフト用のアイレットを使用)
 フレームの裏側に結び目ができるよう、まずは片方だけあごひもを通します。
片方あごひも

 縫いつける場合
 あごひもの穴は切り抜かず、印の場所に縫いつけます。
 まずは片方だけ縫いつけてください。
縫いつけ
 表に出る縫い目が気になる場合は、ボタン等で隠せます。
飾り

ボタン等の装飾は、あごひもの微調整が終わったあとにしてください。


FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。