つくってみよう! ケロミン・ゴーグル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(4)装着

 カップをケロミンの両目にのせます。
カップをのせる


 次にフレームを、まずは裏側を表(あごひもの結び目が出るよう)にして、かぶせます。
フレームをのせる
このとき、フレームの穴がカップより小さく感じるかも知れませんが、しっかりはめてください。フェルトならなじみやすいです。


 まだ留めていない反対側のあごひもを穴に通します。
 ゆるみ具合を確認しながら、ちょうど良いと感じた長さになるよう結び目を作り(または縫いつけ)ます。
注意点あり)
 あまった部分は切ります。
フレームをのせる


 フレームを表にして結び目を隠し、改めて装着して完成です。
装着


★注意点★
 フレームにフィット感を求めて、あごひもをあまり強く締めてしまうと、演奏(口パク)がしにくくなります。
 また、カップのフチ跡が目のまわりに残っても優しく“なでなで”すれば消すことができますが、カップを強く押しつけすぎると消えにくくなる可能性があります。
 あごひもの加減には気をつけてください。

 あごひもを縫いつけるときは、フレームをケロミンに縫いつけないよう気をつけてくださいね。


 紹介したものは、アイデアのひとつです。
 カップをフレームに固定しないのは、いろいろなフレームを作って楽しめるようにしたつもりでした。
 固定したい場合、フレームの裏からシール等を貼ったり、“つば”とフレームのあいだに両面テープを挟んだりして、軽く留めるコトをオススメします。


 いろいろなバリエーションが考えられると思いますので、挑戦してみてください♪


FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。